Design a site like this with WordPress.com
Get started

くまの限界食堂「焼きキャベツと一分たまご」が最高 安くて手軽な春のごちそう

今が旬の真っただ中の春キャベツ。芯までやわらかく甘みのある味わいは、まるごと食べる料理に向いている。 そこでSirabee編集部は、人気急上昇中の料理研究家KUMA氏のYouTubeチャンネル『くまの限界食堂』に投稿されている「焼きキャベツと一分たまご」を実際に作ってみた。   ■リーズナブルな材料ばかりでうれしい 材料はキャベツ、ベーコン、にんにく、オリーブオイル、卵、マヨネーズ、みりん、すりおろしにんにく、粉チーズ、ブラックペッパー、塩。どれも身近な食材ばかりだ。 春キャベツは旬で安くなっているので、食費がおさえられるのもポイント。   ■まずはベーコンをじっくり炒める フライパンにオリーブオイル大さじ3を入れ、1パック程度のベーコンをじっくり炒める。こんがりするまで弱火で根気強く待とう。 ベーコンがこんがりしてきたら、にんにく1片のスライスを加えて、オリーブオイルに香りを移す。ついついベーコンより先ににんにくを入れたくなってしまうが、焦げてしまうので、順番は守ってほしい。 ベーコンとにんにくを熱したら、一旦フライパンから取り出しておく。 香りづけしたオリーブオイルが残った状態のフライパンに、春キャベツ半玉を4等分にカットしたものを並べていく。このまま、弱火でじっくり加熱。 KUMA氏によると、とにかくがっつり焼くことがポイントだそうだ。適宜トングなどでひっくり返しながら焼き目がついたら、水50ccを加えてフタをし、蒸し焼きにする。   ■蒸し焼きしている間にソースを作る みりん大さじ1を600ワットで約1分間チン。粗熱が取れるまでしばし待機する。 マヨネーズ大さじ3、粉チーズ大さじ1、お好みですりおろしにんにく少々を加えてよく混ぜる。みりんを入れることで、甘くてクリーミーなソースに仕上がる。   ■半熟卵もレンチンでOK マグカップに水150ccを入れ、卵を水の中に割り入れる。そして、卵につまようじで3~5回程度、穴を開ける。これで電子レンジ内で卵が爆発するのを防止できるのだ。あとは、600ワットで約1分間チンするだけで半熟卵が完成する。 お皿にキャベツを盛り、あらかじめ炒めておいたベーコンとにんにくをトッピング。半熟卵をそっと乗せたら、ソースをかける。 最後にブラックペッパーと塩少々を振ればでき上がりだ。   ■春キャベツの理想的な食べ方に出会った こんがり焼けたキャベツととろとろの半熟卵、ベーコンのコンビネーションが絶妙。クリーミーなソースも相まって、濃厚なシーザーサラダを食べている感覚だ。 今回は葉の巻きがかなりゆるい春キャベツを使ってしまったので、焼いている間に形が崩れてしまった。しかし、春キャベツならではの甘さを楽しむなら、これくらいやわらかくても良いのかもしれない。 身近な食材であっという間にできる春のごちそう。春キャベツが旬の今、家飲みメニューとしてもおすすめだ。   ■焼きキャベツと一分たまご  

くまの限界食堂「焼きキャベツと一分たまご」が最高 安くて手軽な春のごちそう
Advertisement

Leave a Reply

Please log in using one of these methods to post your comment:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
close-alt close collapse comment ellipsis expand gallery heart lock menu next pinned previous reply search share star